頭皮ケア

石鹸系シャンプー

シャンプーの種類の一つである石鹸系シャンプーとは、
主に洗浄成分が石鹸でできているシャンプーです。
アルコール系シャンプーに次いで、市場に多く出回っているタイプのシャンプーで、
一度は目にしたことがあると思います。

石鹸系シャンプーは液体の状態でボトルに詰められた形で多く販売されていますが、
成分的には固形石鹸とほとんど変わりません。
石鹸は動植物の油が原料となっているものが多く、顔や体など全身に使うことができ、
肌への刺激が少なく洗浄力もあるのが特徴です。
こちらには育毛シャンプーの正しい使用方法について詳しく掲載されています。

石鹸系シャンプーのほとんどはアルカリ性のものです。
それに対し、私たちの髪や頭皮は弱酸性の状態を保つようにできています。
アルカリ性である石鹸系シャンプーを使用すると、髪のキューティクルが開いてしまい、
洗った直後はキシキシと髪がきしんだ状態になります。

普段、コーティング剤などを配合したアルコール系シャンプーを使用していると、
この洗い上がりの指どおりの感触が気になるようです。

これを防ぐためには、アルカリ性に偏ってしまった髪を弱酸性の状態に戻すことが必要です。
そのため、石鹸系シャンプーの使用後は
石鹸系シャンプーのための酸性リンスの使用が勧められています。
こちらのサイトの育毛剤・育毛シャンプーの人気ランキングやおすすめ商品のご紹介や薄毛やハゲや抜け毛の対策に効果的な使用方法など詳しく掲載されているサイトも是非ご覧ください。

また、石鹸系シャンプーを使い続けていくと、洗い上がりの髪のきしみは徐々に解消されていき、
自然な髪のツヤがでることで感触が良くなってきます。

石鹸系シャンプーは一般的なドラッグストアやスーパー、量販店などでも購入できます。
基本的にはシャンプーのパッケージに石鹸系シャンプーであることが明記されています。
また成分表示の最初の方に、脂肪酸Na、脂肪酸K、石けん素地 などがあれば
石鹸系シャンプーだとわかります。
こちらのサイトの解説も是非ご覧になってみてください。http://www.chrisruel.com/

石鹸系シャンプーは他のシャンプーの中でも比較的安価であり、購入しやすく、
体から顔、頭、髪まで全てに使用出来るので手軽なシャンプーです。
無添加であったり、植物性の石鹸系シャンプーも多く販売されており、
シャンプーによる肌への刺激が気になる方や自然派志向の方から多く支持されています。
こちらには育毛シャンプーの効果について詳しく掲載されています。