頭皮ケア

アルコール系シャンプー

現在、一般的に多く出回っているシャンプーの多くは、アルコール系シャンプーです。
ドラッグストアやスーパー、量販店に様々な種類のアルコール系シャンプーが
安価な価格で並んでいます。

アルコール系シャンプーには、洗浄成分として
「ラウリル硫酸」や「ラウレス硫酸」が主に使われています。
これらは、強い洗浄能力があり、少量で洗浄力や泡立ちがよく、
使用後はサッパリとした使い心地が得られます。

しかし一方で、必要な皮脂までも落としすぎてしまい、頭皮が乾燥することもあります。
また、頭皮への刺激も強いため、肌が弱い人は炎症を起こしやすいシャンプーです。
人気育毛シャンプーのおすすめ紹介サイトも是非ご覧ください。

そのため、乾燥肌、敏感肌の人はアルコール系シャンプーの使用を控えた良いでしょう。
また、脂性肌の人も余分に皮脂が除去された分だけ、さらに皮脂の分泌が増えてしまい
状態を進行させてしまうこともあります。

アルコール系シャンプーは、シリコンやコーティング剤が配合されているものがほとんどで、
使用後は髪にツヤが出てサラサラになるイメージがあると思います。

しかし、これは強すぎる洗浄力によるパサつきを防ぐのが目的です。
毎日のシャンプーの中で、シリコンやコーティングが蓄積されていくと、
次第に劣化していってしまい、次第に髪の表面をデコボコになってしまうこともあります。
結果的には、髪を傷める原因となってしまうのです。

このようにアルコール系シャンプーに使われている成分は、見た目や感触は良くなっても、
髪や頭皮自体のことを考えると、あまり良い成分とは言えないものが多く配合されています。
こちらには女性用の育毛シャンプーの効果について掲載されています。是非ご覧ください。

しかし、アルコール系シャンプーはその他のシャンプーに比べ大量生産が可能で製造コスト安いため、
安価で流通できるので、シャンプー市場の大半を占めているのです。

洗浄力が強すぎることが多く、頭皮への刺激も強いアルコール系シャンプーは、
頭皮の環境が重要となる育毛のシャンプーとしては、使用を控えるべきだと言えるでしょう。
こちらの効果的な育毛シャンプーの使用方法についても参考にご覧ください